コンビニフランチャイズ

フランチャイズ

コンビニに代表されるフランチャイズ

フランチャイザーとフランチャイジー

特定の人や会社などに特権を与えて運営されるフランチャイズビジネス。

フランチャイズビジネスの代表的なものにコンビニエンスストアの経営があげられますが、コンビニの場合は「フランチャイザー」にあたるコンビニの運営本部が、「フランチャイジー」にあたる個人に、コンビニ経営のノウハウや、ブランド名などを使用するという特権を与えることで経営をおこなっていくという形になります。

フランチャイズのタイプ

コンビニエンスストアとひとことでいっても、現在はさまざまなブランドのコンビニがあるため、フランチャイズのシステムの詳細はコンビニごとに若干異なりますが一般的なコンビニフランチャイズの場合は個人の持つ土地や建物を利用してコンビニ経営してゆくタイプと、個人的には土地や建物は持っていないけれど、フランチャイザーが用意する土地や建物でコンビニを経営してゆくタイプとの2タイプがあるようです。

どちらのタイプが得か?というのは、一概にはいいきれませんが、本部(フランチャイザー)が土地や建物をすべて用意してくれるタイプの場合は、少ない資金でもコンビニを開業することができることが多いため、初期投資にお金がかけられない人にはオススメのプラントいえるかもしれません。ただし、その分本部側のチャージ率は高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です