買取専門店「おたからや」

低資本高収益の買取専門店「おたからや」

フランチャイズのバックアップ体制は万全

買取ビジネス市場は、2020年には1.5倍になる見込みです。リユース人口は増え続け、不況下においても下降知らずといったところで、特に買取ビジネスのフランチャイズは、店舗数の割合からすると売り上げの伸び率が、他のフランチャイズよりも大きく、市場規模もコンビニと肩を並べるほど。

期待のビジネスなのです。その買取専門ビジネスモデルで15年のノウハウがあるのが、買取専門店「おたからや」で、これからフランチャイズの仲間入りをする方のために、成功のための3大サポートを挙げています。

  1. チラシ・WEB・TV広告による「集客システム」
  2. 担当スーパーバイザー・心強いホットライン・新規買取商品研修会・オーナー用情報誌による「買取強化システム」
  3. 換金業者と直接換金する「換金システム」

になります。他にも全国のオーナーが集まる研修会と情報収集をする「オーナー会の開催」や、本部と加盟店の親睦会となる「オーナー親睦会」もあり、バックアップ体制は万全といったところでしょう。

フランチャイズになって良かったメリット

現在、買取専門店「おたからや」のフランチャイズになっている方が感じているメリットは、

  1. 在庫リスクの少なさ
  2. 固定ロイヤリティー
  3. 将来性への期待感

が上位となっています。詳細を見ていくと

①は、「狭い物件で済み、開業資金の節約になった」、「前回の事業の在庫と景気の悪さで失敗したため、魅力を感じた」というもの。

②は、「売上に関係なく、やりがいがある」、「やった分だけ売上が残る」というもの。

③は、「買取ビジネスの市場はまだまだ拡大しそう」、「事業内容がリサイクル推進で、社会貢献になる」というもの。

これらのメリットを活かして活躍しているオーナーは、20~60代まで年齢もまちまちで、夫婦で多店舗経営をしていたり、女性で月商1,000万円を超えた方がいたりと、思い思いの経営手腕をふるっています。

競合他社が多い中でも、さらに特化強化で競合に勝てるよう取り組んでいます。