不況知らずの買取ビジネス

話題の買取ビジネスを始める

買取フランチャイズとは

不況知らずの買取ビジネスともいわれ、街中を歩いていると、よく買取屋さんの看板や店舗を見かけます。買取してくれる品目のイメージとしては、貴金属、ブランドバッグ、時計、金券・チケット類などがすぐ浮かぶのではないでしょうか。査定をする方が鑑定をし、買取って、現金に換えてくれるというものです。利用者は使い勝手が良く、年齢を問わず数は増えている状況にあります。

売る側からすると、ゴミ同然かもしれない不用品や不要品に値が付く可能性があるわけですから、利用しない手はないでしょう。一方、買取ビジネスの経営側から見てみると、コンビニや塾などのフランチャイズより効率の良いビジネスとして、経営メリットは大きいといわれています。

買取ビジネスでの3大メリットを挙げてみると、①小スペースでも可能、②人件費がかからない(一人で開業の場合)、③在庫リスクが低いということで、経営に踏み切る方が増えており、それで街中での買取ビジネスの店舗が多くなっているというわけです。

何かの事業を始めるとなると元手や人件費がかかるわけですから、それらが必要ないメリットは確かに大きいでしょう。今、話題のビジネスなのです。

買取ビジネスは、起業の選択肢として有望

買取ビジネスの市場は拡大するばかり。バブル期に購入された貴金属やブランド品などが、未だに家庭に眠っているからです。

金額にすると十兆円超えになるとも…。今、景気が上向きだといわれても、実感がない企業や個人は多く、手持ち品で現金化できるものはできるだけ換金したいというニーズは高まるばかりです。もし、起業を考えているなら、買取ビジネスも一つ。

不況でも勝算があり、開業をしてもやっていける十分な市場があるからです。しかも、買取フランチャイズにすれば開業資金が手頃で、本部から開業ノウハウの指導があり、在庫スペースもほとんど要らないとなれば、起業の選択肢として有望になることは当然でしょう。話題となっているのが買取ビジネスなのです。

買取ビジネス